WELLCOME !

先生の選び方4年連続バナー2021@.png
新しい画像 (1).png 

Izawa & Izawa international patent office was established in 1930.
井澤特許 est.1930.PNGOur services have always been guided by the principle of fairness.Our mission is to respond quickly and accurately to all client needs. The environment surrounding intellectual property has experienced some tremendous changes over the last few years. Izawa international patent office keeps up with complex scientific and technological advances, and even anticipates them.
  

創立90.jpg

 


 

patent attorneys name5+1.jpg

中小企業支援 HPボタン.jpg PCT+台湾 HPボタン.jpg 貴社の知財部となります。.jpg

商標ボタン2.jpg 化学ボタン.jpg 翻訳ボタン.jpg

お問合せ数の多い項目

アイデアは未来を創る..png

商標登録企業防衛.png

海外特許.png

海外商標登録.png

デザイン意匠.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※2021.03.01

NEW意匠法が施行(2020.4.1〜)

2020年4月1日より、大改正された新『意匠法』が施行されます。

  • 「出願日から25年」と存続期間が長くなります。
  • 建築物のデザイン・内装デザインが意匠登録可能となります。
  • 画像デザインについても、従来より保護対象が広がります。
  • 関連意匠制度の利用が拡充されます。
  • @すでに登録され公開された意匠と類似する意匠でも保護が可能となります。
  • A本意匠Aと類似しない意匠Cについて、本意匠Aと類似する意匠Bと類似していれば、関連意匠として登録が可能です。つまり類似の連鎖が可能となります。

 以上、改正内容の一部ですが、この大きな改正点により、意匠制度は利用しやすくなり、『アイデアの権利化』できる範囲が広くなりました。その他、特許法等も含め改正されております。詳細は、下記ページをご覧いただくか、直接弊所にお問合せ下さい。

 ※意匠法大改正の説明はここをクリック

代表弁理士 井澤 幹

創立90周年(2020.04.10)

本日4月10日、創立90周年を迎えさせて頂きました。
これもひとえに皆様方からのご愛顧のお陰と所員一同、厚く御礼申し上げます。
このような情勢なので、ひっそりと迎えさせて頂きました。
確かに、今はどん底かもしれませんが、今出来ることをやるしかありません。

寒い冬には下へ下へと根を伸ばし、晩春には大きな花を咲かせよう

の精神で91年目もクライアントの皆様の為に所員一同尽力させて頂きます。

特許業務法人井澤国際特許事務所
代表弁理士 井澤 幹

 

井澤武.jpg   井澤洵と武.jpg   井澤幹.jpg

初代:井澤武

 

2代目:井澤洵

 

3代目:井澤幹


お祝い.jpgお祝いのお花.jpg博報堂プロダクツ様 .jpg

こんな情勢の中、沢山のお祝いメッセージとお花、ありがとうございました!

井澤国際特許事務所の業務内容一覧

■相談無料 ※実施中
 知財に関するご相談がございましたら、無料でお答え致します。

特許出願                   

■経験豊かな弁理士が対応
■中小企業・個人支援
■発明者との念入りな打ち合わせ
■日本全国から依頼あり
■特許出願までの流れ

商標登録出願
■年間百件を超える信頼
■全国からのご依頼に即時対応
■料金(他事務所平均額×  %)
■登録できる商標とは?
■商標登録出願までの流れ
 

外国出願・PCT出願・マドプロ
■依頼増大により低価格提供の実現
■世界各国にある提携事務所
■外国不正登録への対処増大
■消費国への権利取得
■複数国(ex米・中・欧)への保護

商標登録の管理意匠登録出願
■10年ごとの更新
■10年後を想像できる事務所での管理
■信頼できる管理システムの構築
■デザイン登録の重要性
■関連意匠の提案
調査・鑑定コンサルティング   
■ちょっとしたネーミングも商標侵害に
■見解書は営業活動先への信頼手形
■特許庁審査官出身弁理士の鑑定
■開発力を無駄にしない方法
■個人・中小にとって知財は競争武器
係争(警告書・裁判・交渉)
■権利主張は当然の行為
■警告を受けても慌てずに
■民事裁判の経験多数
■専門家ならではの交渉術
■業務提携の弁護士

⇒お問合せフォーム(お気軽にお問合せ下さい。すぐに返信致します。)
※日本全国からご依頼頂いております。

新たに弁理士が1名参画しました。

新たに弁理士木村嘉弘(No.16312)が、弊所化学部門業務拡大の為、参画いたしました。
これにより、化学部門は2名の弁理士、全体で弁理士7名の体制となりました。
【化学部門のご紹介】
https://www.izawapat.jp/category/2088691.html
【弁理士紹介】
https://www.izawapat.jp/category/1216428.html
今後も引き続きクライアント様の多種多様なニーズにお応え出来るよう尽力いたします。

代表弁理士 井澤 幹

【重要なお知らせ】新型コロナウイルス対策

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、弊所スタッフおよびその家族、ならびに関係者・お客様・お取引先様への感染リスク低減・安全確保のため、下記対策を講じます。

(1)時差出勤
暫定的に3月13日(金)までの間、時差出勤を致しますので、電話での応対は10時〜16時とさせて頂きます。緊急でない限りメールでのご連絡を頂ければ幸いです。

(2)テレワーク(一部)
暫定的に3月13日(金)までの間、スタッフの一部はテレワークをさせて頂きます。

以上の緊急的な対策により、業務が一部停滞することが予想されます。
お客様にはご迷惑をおかけしてしまいますが、ご理解の程、よろしくお願い致します。

2020年2月28日
代表弁理士 井澤 幹

PCT出願+台湾出願の依頼が増大中(2018)

PCT+台湾.jpg

 日本市場だけでなく、アジア・アメリカ・欧州に市場展開をするクライアントが増えております。

 その場合、日本のみに特許出願(約30万)をするのではなく、最初から日本を含めた152ヶ国に一気に特許出願ができるPCT国際特許出願(約60万)が有効です。

 ※PCT出願をすれば、審査レベルの高い日本の特許庁で国際調査を受けることが出来ます。

 ※日本の出願をしてから、PCT出願をすると、費用が無駄になる場合があります。

 そして、台湾はPCT加盟国ではないので、PCT出願と共に台湾出願が必要になります。

 ※他事務所で勘違いをして、弊所に慌てて相談に来るケースもございます。

 台湾に特許出願をする場合、台湾語(繁体字)への翻訳が急ぎ必要になります。弊所は台湾語翻訳に長けております。

 ※他事務所でPCT出願をしたが、台湾語への翻訳から弊所に依頼するケースもあります。

 PCT出願+台湾出願のご依頼は、お早めに井澤国際特許事務所にご相談ください。

2018年4月9日
特許業務法人井澤国際特許事務所
代表弁理士 井澤 

2021年「年頭所感」に掲載されました。

2021年頭所感.jpg

m&n 2017年7−8月号「今号のひと」に代表弁理士が掲載されました。

「今号のひと」

特許業務法人井澤国際特許事務所

代表弁理士 井澤幹 氏

井澤幹さんは、1万人余りいる弁理士の一人で、「日本弁理士会」の執行理事を務めています。2011年には日本弁理士会の副会長に36歳で就任しました。「若くして弁理士会の役員を務めることはお客様にとって何のメリットにもなりませんが、同業者に信用されている証拠だと思うと頑張れます!」と元気に語ります。元気な理由も、彼の経歴と体格を見ればすぐにわかります。井澤さんは学生時代ラグビーに夢中で、ラグビーの名門

!cid_343A7003-09E7-4906-B12D-01B03021AE6C.jpg

「国学院大学久我山高校」のフランカー(No.6)として高校3年生の時には公式戦全試合に出場、花園(全国大会)にも出場しました。高校の東京代表にも選出され国体にも出場したバリバリのラガーマン。「先日、母校のラグビー祭があってOB戦に出たのですが、40過ぎたおじさん達が皆本気になっちゃっいまして…10分も経たず体力の限界、腕には大きなあざができました(笑)」と、太い腕にある大きく真っ黒な痛々しいあざを見せながら楽しく説明をしてくれました。そのラグビー精神は彼の仕事でも十分に生かされているようで、中小企業の知財コンサルから、芸能・メディア・スポーツ関係と誰もが知っている有名な商標の仕事を多く手がけています。「どんな小さなお仕事でもお客様のことを思って懇切丁寧に元気に説明することが私のモットーです!」と。また、井澤さんは中小企業の知財意識を高めることが夢と語ります。「発明は、皆さんが思っている程、そんな大それたものじゃありません」「発明はヒラメキじゃなく、『日々の課題』を『解決する手段』であって、皆さんの身の回りに多く転がっています!」「製品の小さな改良・改善、身の回りにある小さな工夫が、特許になって会社の大きな財産になる事は少なくありません!」。確かに、まだ中小企業の知財意識は高くなく年間約30万件ある特許出願の中で中小企業の出願は1割程度しかない。中小企業の特許出願が増えればと、今まで特許出願件数アメリカに次いで2位だった日本が中国にあっという間に抜かれた状況を憂いています。「日本は資源のない国と言われますが、頭の中の資源つまり『知財力』はどの国にも負けないと思います!」と最後まで元気な井澤さんでした。

特許業務法人化のお知らせ

 この度私共は、業務の継続性及び業務基盤の強化をより一層図るべく「特許業務法人井澤国際特許事務所」を設立致しました。これに伴い、平成26年9月1日をもって、井澤国際特許事務所の業務を「特許業務法人井澤国際特許事務所」に引き継ぐこととなります(旧個人事務所の事業をそのまま承継するもので事務所所在地、電話番号等の変更はございません。)。
 この特許業務法人化を機に、より一層のサービス充実を図るべく所員一同精進して参る所存でございます。今後も倍旧のご愛顧、ご支援、そしてご鞭撻を賜りますよう伏してお願い申し上げます。

2014年9月1日
特許業務法人井澤国際特許事務所 代表社員 弁理士 井澤 幹

【ご報告】新しいメンバー3名が入所しました。

平成25年4月1日より新たなメンバー3名が加わりました。

 野村 理恵 (2005年弁理士試験合格

福本 麻子 (2012年弁理士試験合格)

 益川 充代 (元宇宙航空研究開発機構JAXA  開発部員)

  

今回の3名の加入により、当事務所も弁理士6名所属となり外国業務もより充実した体勢を整える事ができました。
今後、所員一同、より一層充実した知財法務サービスをご提供出来るよう、尽力してまいる所存です。
皆様におかれましては、引き続き、ご指導・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

平成25年4月3日付
井澤国際特許事務所
弁理士 井澤 幹

お問合せはこちらから

※標題には「無料発明相談をしたい」、「商標登録をしたい」など、お問合せの内容を箇条書きで構いませんので、ご自由に記入の上、送信ください。1〜2日営業日以内にお答え致します。

お名前(必須)

(例:特許一郎)
メールアドレス(必須)

半角でお願いします。
会社名
TEL(必須)
FAX
特許/意匠/商標/調査/その他(必須)

(例:商標の管理について)
問合わせ詳細(必須)
※2500 文字以内でお願いします

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。