NEW意匠法が施行(2020.4.1〜)

2020年4月1日より、大改正された新『意匠法』が施行されます。

  • 「出願日から25年」と存続期間が長くなります。
  • 建築物のデザイン・内装デザインが意匠登録可能となります。
  • 画像デザインについても、従来より保護対象が広がります。
  • 関連意匠制度の利用が拡充されます。
  • @すでに登録され公開された意匠と類似する意匠でも保護が可能となります。
  • A本意匠Aと類似しない意匠Cについて、本意匠Aと類似する意匠Bと類似していれば、関連意匠として登録が可能です。つまり類似の連鎖が可能となります。

 以上、改正内容の一部ですが、この大きな改正点により、意匠制度は利用しやすくなり、『アイデアの権利化』できる範囲が広くなりました。その他、特許法等も含め改正されております。詳細は、下記ページをご覧いただくか、直接弊所にお問合せ下さい。

 ※意匠法大改正の説明はここをクリック

代表弁理士 井澤 幹